SPI練習問題(数学徹底解説)-非言語対策

SPI問題は、短時間で『早くかつ正確に』解くことが非常に重要です。当サイトでは、最新のSPI問題をありきたりの公式で解くだけではなく、早く解く方法なども記載しています。また、書籍などよりも詳しく解説しているので書籍の内容に不満を持っている方も是非、活用して下さい。

「グラフの領域」の記事一覧

SPI練習問題-問5(グラフの領域)

ア、イ、ウの3式によって示される関数がある。3式が示すグラフは右図の通りである。[設問1]ア、イ、ウの3つの等号を全て不等号に置き換えて⑥+⑧の領域になるようにしたい。このとき不等号が(<)の向きになるのはア、イ、ウのうちどの式か?[設問2]次の不等式に当てはまる領域はどこか?

SPI練習問題-問3(グラフの領域)

ア、イ、ウの3式によって示される直線と円は、図の様に平面を①から⑧まで8つの領域に分かれる。[設問1]ア、イ、ウの式の等号をすべて不等号に置き換えて⑦の領域(図のピンク色の部分)を表したときに、右開きの不等号(<)がつくのは次のうちどれか?[設問2]次の3式からなる連立不等式によってあらわされる領域はどこか?

SPI練習問題-問1(グラフの領域)

ア、イ、ウの3式によって示される直線と放物線は、図の様に平面を①から⑧まで8つの領域に分かれる。これらの領域は、ア、イ、ウの3式の等号を適宣不等号に置き換えて得られる1組の連立不等式によって示される。ただし、領域とは図中の太い境界線は含まないものとする。[設問1]ア、イ、ウの式の等号をすべて不等号に置き換えて④の領域を表したときに、右開きの不等号(<)がつくのは次のうちどれか?[設問2]次の3式からなる連立不等式によって表される領域はどこか?