SPI練習問題-問1(表の読み取り)

料理店X、Y、Zは、食材の一括購入をしている。下表は、マグロ、イカ、エビ、ウニの4種類について各店の仕入れの割合を示したものである。なお、( )内は、ウニを1としたときの仕入れ量(重さ)の割合をしめしている。

マグロ(4) イカ(??) エビ(1.8) ウニ(1)
X店 25% ?? ?? 10%
Y店 25% 20% ?? ??
Z店 50% ?? ?? ??
合計 100% 100% 100% 100%

[設問1]Y店のイカの仕入れ量は、X店のマグロの仕入れ量と同じだった。このとき、全店合計のイカの仕入れ量はウニの何倍か?

[解答群]
 1.5倍
 2倍
 3倍
 4倍
 5倍
 いずれでもない



[設問2]Z店では、エビとウニを同じ量だけ仕入れたが、その量はY店のウニと同じ量であったという。このとき、Z店のエビの仕入れ割合は何%か?

[解答群]
 20%
 25%
 30%
 40%
 45%
 いずれでもない

解答と解説

使用する公式:
特になし。



設問前提条件:
特になし



設問1の解説:
X店のマグロ仕入れ量とY店のイカの仕入れ量が同じということなので、下記の式が成り立ちます。

 X店のマグロ仕入れ量 = Y店のイカの仕入れ量

X店のマグロ仕入れ量は、マグロ全体の仕入れ量4に対して、25%なので

 X店のマグロ仕入れ量 = 1

となります。これにより、Y店のイカの仕入れ量も1ということになります。Y店のイカの仕入れ量は、イカ全体の仕入れ量の20%なので、イカ全体の仕入れ量は5倍の数値になります。

 イカ全体の仕入れ量 = Y店のイカの仕入れ量 x 5 = 5

よって、ウニの1に対して、イカは5なので、求める解答は、ウニの5倍となります。

解答:E


設問2の解説:
設問より下記の式が成り立ちます。

 Y店のウニの量 = Z店のウニの量 = Z店のエビの量

そこでまず、各店のウニの量を求めます。まず、全体が1に対して、X点が10%。残り90%がY店とZ店になるのですが、「Y店のウニの量」と「Z店のウニの量が」同じという点からそれぞれ45%となります。よって、Y店、Z店の各々のウニの仕入れ量は

 1 x 0.45 = 0.45

となります。よって、Y店のエビの量も0.45になります。エビ全体の仕入れ量に対するY店の仕入れ割合は、エビ全体の仕入れ量が1.8なので、

 0.45 ÷ 1.8 = 0.25 = 25%

解答:B

コメントを残す

*

このページの先頭へ